サイトメニュー

注射で顔を小さくする

注射器

顔の大きさは変えることができます

小顔になるためにボトックス注射をする前に、施術に関して、自分から能動的に調べた方がいいと言えるでしょう。調べることにより、後悔してしまうことを防げたり、施術がスムーズに行ったりすることなどが期待できます。えら部分にボトックス注射をすると、緊張したえらをほっそりさせることができ、小顔に見るようになります。施術費用はえらの場合、クリニックによりますが5万から10万程度だと言われているので、基本的に相場以内で対応してくるクリニックを探した方がいいでしょう。キャンペーンの有無も異なり、「始めて利用した人」はお得なったり「学生の場合」はお得になったりなどの、キャンペーンがあります。モニターと言うのもあり、施術費用が半額になったりクリニックによっては無料になったりする場合もあるので、利用条件があえばおすすめです。ボトックス注射をしない方がいい人もいて、妊娠している人や産後6か月以内の人そして、ボツリヌス菌による食中毒の経験がある人は施術を受けられないことが多くなります。これらの場合にクリニックが施術しないとしているのは、患者の健康のことを考えているからであって、別に意地悪をしているわけではありません。施術をスムーズにするためには、コミュニケーションが十分に取れるクリニックにお願いするのがいいでしょう。正式に契約する前でも、クリニックでは無料で電話やメールなどで、相談にのってくれることが少なくないです。数件相談して、相談の際に「気持ち良く話せる」「ここなら信頼できる」と感じた所に依頼した方がよいでしょう。
メスを使い小顔にする方法もありますが、刃物を顔の中に入れることに抵抗を持ってしまう人はいるのではないでしょうか。ボトックス注射による施術はメスを使うことがなく、安全性も確認されているので、整形を始めてする人に特におすすめしたいです。施術してから回復するまでの時間をダウンタイムと言いますが、ボトックス注射による小顔はダウンタイムがほとんどなく、注射したそのからメイクやシャワーができます。ボトックス注射したからと言って、行動が制約されることはあまりないので、今まで通りの生活を送れることでしょう。整形をした後ばれてしまった場合、「恥ずかしくて生きていけない」なんて考える人もいるのではないでしょうか。この施術方法は効果がゆっくり出るので基本的ばれにくく、何か言われたら「最近小顔ローラーを使っている」と言えば、それ以上相手がつっこんでくることはあまりないと言えます。小顔のする方法にえら切りがありますが、基本的に費用が100万円円以上かかり、この金額になってしまうとそもそも施術できないと言う人も少なくないでしょう。ボトックス注射による小顔は、えら切りの10分の1程度の費用で済ますことができます。数か月アルバイトすれば、十分用意できる金額です。痛みが少ないことが魅力で、痛みは注射ハリを刺した際の「チクッ」とする程度で、大人であれば基本的に我慢できるレベルになります。麻酔クリームで痛みを感じにくくすることができるので、始めての施術で心配な人は医師に相談してみるとことをおすすめします。